ブログ

はなちゃん、ゆきちゃん [日中預かりトレーニング]


はなちゃん、ゆきちゃんの写真をアップしましたicon:sparklingicon:sparkling
はなちゃん、同じダックスちゃんに興味津々でしたicon:note
CIMG2935.JPG
CIMG2936.JPG

CIMG1606.JPG
CIMG1612.JPG

パピーちゃんに対しても遊びに誘っていましたicon:face_smile
CIMG0193.JPG
CIMG1032.JPG


はなちゃん、走っているところシリーズですicon:ecstoramation
いつも楽しそうですicon:face_shishishi
CIMG0174.JPG
CIMG0970.JPG
CIMG2164.JPG
CIMG2181.JPG
CIMG2196.JPG
CIMG2772.JPG
CIMG2789.JPG
途中で離してしまいますが、ボール投げしているところですicon:soccerball
CIMG1495.JPG
CIMG1521.JPG
笑顔が可愛いはなちゃんicon:face_self-conscious_smile
CIMG0182.JPG
CIMG0570.JPG
CIMG2218.JPG
CIMG9868.JPG

ゆきちゃんとボール投げicon:ecstoramation
ゆきちゃんはボール投げしている時ほんとにいきいきしてますねicon:face_smile
CIMG0137.JPG
CIMG0535.JPG
CIMG1470.JPG
CIMG2877.JPG
CIMG9862.JPG
CIMG1018.JPG
CIMG9865.JPG
「ゆきちゃん、オイデー」と呼んでいるところですicon:face_shishishi
CIMG0529.JPG
CIMG0531.JPG
CIMG2850.JPG
CIMG2291.JPG
オフショットicon:sparkling
いろんなところで遊んでいますicon:note
CIMG0155.JPG
CIMG2275.JPG
CIMG9860.JPG
CIMG0576.JPG

CIMG2280.JPG
CIMG2863.JPG
CIMG0515.JPG

ありがとうございましたicon:face_shy



去勢、避妊について


去勢によるメリットとしては
・精巣腫瘍や前立腺肥大などの病気に対しての予防効果があります。
・縄張り由来によるオス犬同士の攻撃性、マーキング、マウンティングなどの行動の減少(個体差があり、完全になくなるわけではなく、去勢前の経験なども影響してきます。)
・去勢していないと1年中、発情の状態にあるので、繁殖本能を満たせないのであればストレスになってきます。去勢をすることでメス犬に対する関心が薄れ全体的に落ち着き、飼い主さんの指示に対する反応もよくなるのではないかと思います。
・食欲が上がるのでしつけや怖い物に慣す際にフードを使いやすくなります。

避妊によるメリットとしては
・子宮蓄膿症を予防できます。また、乳腺腫瘍も高い確率で予防することができます。(乳腺腫瘍は発情を5~6回むかえてから避妊手術を行なった場合は予防の効果はあまりないと言われています。)
・避妊手術を行なうことで繁殖行動の制限や気分の浮き沈みによるストレスを軽減することができます。
・食欲が上がるのでしつけや怖い物に対して慣す際にフードを使いやすくなります。

メス犬ではエストロゲンと呼ばれるホルモンが食欲を抑えているため避妊手術を行なうことでエストロゲンの放出量が減り、食欲が増加することが考えられます。
オス犬では性的な行動が抑えられるため全体的にも活動量が減り、メス犬同様ホルモンの放出量も多少減るので食欲が上がってくることが予想されます。
なので避妊、去勢する前と同じ量のフードをあげていると肥満になりやすくなりますのであげすぎには注意しましょうicon:face_shy



ハルちゃん[日中預かりトレーニング]


ハルちゃんの写真をアップしましたicon:sparklingicon:sparkling
ハルちゃん&メルちゃんicon:ecstoramation
CIMG1402.JPG
CIMG1225.JPG
CIMG1227.JPG
CIMG1231.JPG
CIMG1253.JPG
前とはだいぶ変わって自分からけっこう遊びに誘っていましたicon:note
CIMG1271.JPG
CIMG1335.JPG
CIMG1359.JPG
ハルちゃん&はなちゃん、ゆきちゃんicon:ecstoramation
CIMG8749.JPG
CIMG8767.JPG
CIMG8764.JPG

フード探し遊びicon:ecstoramation
集中していましたicon:face_chomp
CIMG1443.JPG
CIMG8776.JPG

ハルちゃん、お散歩楽しそうに歩けていましたicon:face_smileicon:cursor_up
CIMG1322.JPG
CIMG8724.JPG

ボール遊びはなかなか遊んでくれませんが、ちょっとテンションが上がる時がありますicon:face_shishishi
その時のハルちゃん、可愛いですicon:note
CIMG1416.JPG
CIMG1430.JPG

オフショットicon:sparklingicon:sparkling
CIMG8780.JPG
CIMG8789.JPG

ありがとうございましたicon:face_shy



ペットフードの保管


梅雨の時期や夏場はカビや虫の発生に特に注意が必要です。
どのタイプのフードも未開封であれば、直射日光、高温多湿を避けて保存しましょう。
ワンちゃんのご飯として一般的に与えているドライフードは開封した場合は虫などが混入することがあるのでしっかりと封をしておき、冷暗所で保管をし1ヶ月以内には使いきりましょう。
冷蔵庫で保管をする場合は出し入れの際に温度差でフードに結露が生じてカビなどが発生することがあるので注意が必要です。

セミモイストタイプのフードやおやつは、保湿剤などの保存料や袋に入っている脱酸素剤によって微生物の増殖を抑えています。
脱酸素剤は1度封を開けてしまうと効果はなくなってしまうので冷蔵保存をし2週間ほどで使いきれるといいでしょう。

ウェットフードは気密性の高い容器で密封され殺菌されているのでほとんどの物で添加物が使われていません。そのため1度開けてしまうと微生物の増殖や酸化の進みが早くなるので2日以内には使いきれるといいでしょう。

これからの季節は特に注意が必要なので気をつけましょうicon:face_shy



ポコ太くん[日中預かりトレーニング]


ポコ太くんの写真をアップしましたicon:sparklingicon:sparkling
ポコ太くん&チロルちゃんicon:ecstoramation
CIMG1786.JPG
ポコ太くん&メルちゃんicon:ecstoramation
メルちゃんとは一緒になること多いので仲いいですicon:face_smile
CIMG3621.JPG
CIMG1918.JPG
CIMG1141.JPG
CIMG3590.JPG
ひめちゃん、颯太くん、プリンスくんとicon:ecstoramation
CIMG0615.JPG
CIMG2443.JPG
CIMG9911.JPG

メルちゃん、しむらちゃんとicon:ecstoramation
穏やかに触れあっていましたicon:note
CIMG4600.JPG
CIMG4563.JPG
CIMG4658.JPG
CIMG4530.JPG

オモチャ遊びicon:soccerball
ぬいぐるみ咥えているポコ太くん可愛いですねicon:face_self-conscious_smile
CIMG3950.JPG
CIMG3597.JPG
CIMG3924.JPG
フード探し遊びの時にコングなども使っていますicon:face_chomp
CIMG2396.JPG
CIMG3536.JPG
CIMG3545.JPG

ポコ太くんオフショットicon:sparklingicon:sparkling
カメラ目線もまた可愛いですicon:face_sparkling_smile
CIMG3139.JPG
CIMG1129.JPG
CIMG3938.JPG
CIMG2959.JPG
よくのびをして準備運動icon:face_shishishi
CIMG2994.JPG
CIMG2946.JPG
CIMG9925.JPG

ありがとうございましたicon:face_shy